セルフでジェルネイルをするときの注意点

今までネイルサロンでやってもらっていた方も初めてジェルネイルに挑戦する方も、セルフでジェルネイルをするならまずは前に知っておきたい注意点があります。知らずに自分でネイルをしてしまうと大変な事になりかねないのでしっかり読んでおきましょう!

注意点@ カビに注意!

ジェルネイルをつける際に注意しなければならない点の1つがカビになります。
カビの原因はたいてい水分。爪とジェルネイルの間に水分が入り込んでしまった状態が長く続くとカビの原因となりかねません。万が一カビが生えているようであればすぐにジェルネイルをオフしてカビがとれるまでジェルネイルをしないほうがいいでしょう。

 

水分が入り込む原因となるのは、リフト(ジェルネイルが浮く、剥がれる状態)になります。
リフトは見た目にもあまりきれいになりませんし、何らかの作業をしている時に完全に剥がれる、割れるといった原因にもなります。
施術段階でジェルネイルが浮くのをしっかり防止することが必要です。
まずジェルネイルをつける前の爪のお手入れは十分に行われているでしょうか。
爪の水分などをしっかり落とし、ファイルでちゃんと削らなければ定着度が悪くなってしまいます。また、ジェルの硬化時間も非常に大切になりますよ。

 

注意点A ジェルを肌につけない!

もう1つ、特に初心者の方に気を付けていただきたいのは皮膚にジェルをつけてしまわないこと。
ジェルをしっかり固着させるには爪の先までしっかりジェルをつけなければいけないのですがこれが皮膚につくとすき間ができてしまいます。
筆を寝かせて一気に広範囲を塗っていく方法はあまりおすすめできません。
また、筆にあまりに大量のジェルを染み込ませてしまうというのもあまりよくないので注意しましょう。万が一皮膚についてしまったときは、すぐに取り除きましょう。

注意点B 爪を削りすぎない!

爪の形を整えたり、リフトを防ぐためにファイルでサンディングを施すときに多めに爪を削らないように注意しましょう。
削りすぎると自爪が弱くなったり、感染症やカビの原因にもなってしまいます。
どれくらい削っていいのかわからない場合は、初めから多く削るのではなく少な目に始めるくらいで調整してみてください。

 

難しいことはわからない!簡単に始めたい人は  このセット

☆Pick up!ジェルネイル☆

基礎知識

ジェルネイルメーカー一覧


Copyright © ジェルネイルスターターセット人気ランキング· All Rights Reserved·