ジェルネイルの種類

自爪につける人工的な爪は、いろいろな手法があるものです。
ジェルネイルなら、さらにその種類はハードジェルネイルソフトジェルネイル(ソークオフ)に分かれることになります。

ハードジェルネイル

従来からあったタイプのジェルネイルはハードジェルで、透明感があり強度も高いのがその特徴です。長さだしをするスカルプチュアなどにも適していて、つけごこちも良好です。
ただ、強度はハードジェルネイルのほうが優れているので長さだしならハードタイプに分があるといえるでしょう。

ソフトジェルネイル(ソークオフ)

一方ソフトジェルネイル(ソークオフ)は柔らかくリムーバーで簡単にオフできるというのが最大のメリットでしょう。自爪にかかる負担も少なく、爪がもともと柔らかめで折れやすい方、乾燥しがちな方に適している手法といえます。リムーバーはアセトンという成分が入っていて、ジェルを溶かすことでオフしていくことになります。
フローターをするのに、スカルプ(アクリリック)がジェル代わりに用いられることがあります。ジェルよりも硬度が高く、パウダーとリキッドを混ぜ合わせたもので長さだしに適しています。ただ、自爪を削ったりする必要があるため爪にある程度負担がかかるのが弱点といえます。長さだしはスカルプのフローターで、カラーはツヤのあるソフトジェルネイルでという手法もあります。

☆Pick up!ジェルネイル☆

基礎知識

ジェルネイルメーカー一覧


Copyright © ジェルネイルスターターセット人気ランキング· All Rights Reserved·